ハト駆除で役立つ道具

ハト駆除方法の種類

ハト駆除方法の種類 マンションなどにハトが住みついてしまうと物音やベランダがフンで汚れたりして大変な思いをすることなります。
またハトのフンには様々な菌が含まれておりアレルギーや病気の原因になることもあります。そのためハト駆除は速やかに行う必要があります。
ただし日本ではハトは鳥獣保護法などで捕獲、駆除、捕獲することが禁止されています。そのためハト駆除というよりは撃退することを考える必要があります。
それでは撃退方法にはどんな種類があるのでしょうか。
よく蛇などの天敵のダミーを置く方法が紹介されています。ただこの方法は一時的に効果があるようですが、すぐに慣れてしまい、すぐ戻ってきてしまいます。それどころか人間が自ら追い払ってもすぐに戻ってきてしまいます。
二つ目は磁石を使う方法です。鳥類の脳には磁気を感知する機能があるため磁気が強いところは避ける傾向があるようです。そのため強い磁石を設置しておく方法もよく紹介されています。ただ実際に試してみてもこの方法はあまり効果がありませんでした。
三つ目ですが最も有効な方法は整理整頓と掃除をすることです。ハトは雨風がしのげ、天敵から隠れられる場所を好むためそれらができない場所にすることが必要です。またフンがあると住みやすい場所と認識する傾向があるようです。そのためフンをされたらすぐに掃除をするようにしましょう。
とにかくハトが住みづらい場所になることを心掛けましょう。

ハト駆除で役立つ道具

ハト駆除で役立つ道具 ハト駆除で役立つ道具には、以下のような物があります。
一つ目は、「天敵の置物」。
ハトの天敵には、「カラス」「蛇」などがいます。カラスの置物や、蛇のオモチャを置いておくことで、ハト駆除ができたという報告もあります。
二つ目は、「針山」。
ハトが足を着く場所に置いておくと、そこには降りられなくなります。ベランダでよくハトが歩いている所などに置いておきましょう。
三つ目は、「テグス」。
ハトはテグスを視認できませんが、触れると危険を感じて逃げます。手すりなどに設置するのがおすすめですが、集合住宅の場合は壁に穴を開けられないので、両面テープで固定するタイプの物を選んだほうがよいでしょう。
四つ目は、「ハト除けネット」。
これを使えば、ベランダへの侵入をほぼ100%防ぐことができます。ただし、マンションでは管理人の許可が必要なので、事前に確認しておきましょう。
これらの他、「漂白剤」「バラ」などの匂いをハトは嫌がるので、散布するのも有効です。