ハト駆除とハトの習性

ハト駆除と巣作りの原因

ハト駆除と巣作りの原因 ベランダや庭先の植栽に最近ハトがしょっちゅうやってくる、そのような状況でしたらハトが巣をつくろうとしている可能性があります。一度つくられてしまうと糞や鳴き声などの害を及ぼし、近所とのトラブルの原因にもなりますので葉山の対策が必要です。
歯とは人目に付きにくい、ベランダにある室外機の裏側や植木鉢の裏、庭の植栽の茂みの中などを狙います。このような場所にハトをよく見かけるようになったら、一度追い払うだけでは再度戻ってきてしまうためハト駆除の対策が必要となります。
ベランダにハトがやってきている場合には、ホームセンターで売っている針山をハトが良くとまって場所に設置したり、テグスを手すりの部分に張り巡らせると言った物理的な方法が有効です。ベランダにモノを置きたくない場合には、市販の忌避剤や漂白剤などのハトが嫌がる臭いがするものを散布するのも有効です。
ただし、近所迷惑にならないように十分に気をつける必要があります。
一方、庭の植栽にハトが出没する場合の対応ですが、この場合にはベランダのように針山やテグスを設置したり、薬剤を散布するといったハト駆除の措置をとることはできません。
そこでお勧めなのが、植栽の内部にCDとポットに入れた忌避剤を植栽の内部に吊り下げておくことです。こうすることで庭の外観を損なうことなく、ハトを寄り付かせなくすることができます。

ハト駆除とハトの習性

ハト駆除とハトの習性 ハト駆除をするためにまず習性を知りましょう。
ハトの種類はドバト・キジバト・アオバト・カラスバトなどです。中にはシラコバトという天然記念物に指定されているものもいます。
この中で都会に生息し害を出しているのはほとんど、ドバト・キジバトの2種類です。
ハトの習性として知られているのは帰巣本能ですので同じ場所に住み着きます。そして巣は三つの面で囲まれた場所で、エサや水があり外敵のいない場所を好んで作ります。
アパートやマンションのベランダは室外機があったり、生活雑貨などの物が置いてあったり、昼間など不在の時間が多いとか、空き部屋など人間という外敵がいない場所はハトにとって絶好の場所です。
ハトは平和なイメージがありますが集団で生活し繁殖率が高いため、数十羽から数百羽の群れを作ることがあり、排泄物量が多く家やアパート・マンションの洗濯物を汚したり、会社・倉庫・工場などは商品に被害がでたり、糞からでる病原菌や集団で行動するので鳴き声がうるさく、人間に対する被害は社会問題にもなっています。
ハト駆除の方法ですがホームセンターなどで売られているグッズは、目玉風船や有刺物・ネットなどいろいろありますが、慣れてしまったり景観を損ねたりとあまり効果がありません。またハトには鳥獣保護法が適用されているため捕獲や殺傷ができません。
そこで知識の豊富な専門店や専門業者に相談してはどうでしょうか。インターネットで検索してみてください。

ハトの駆除に関するおすすめリンク

ハトの追い出し、清掃、侵入防止工事を行う会社のサイト

ハト駆除 豊橋市